プロフィール


代表 後藤豪之

こんにちは、ベリーガーデンいしづち園主の後藤です。ここ愛媛県西条市小松町に在る当園は、霊峰石鎚山を仰ぐ場所に位置し、環境・交通アクセス共にたいへん恵まれた所です。ブルーベリー栽培の面白さに魅了されてしまった私は、生まれ育ったこの町で、2012年より新規就農という形で農業を営むことになりました。

 

観光農園としてのブルーベリー狩り・ブラックベリー狩りや、オンラインショップでの果実の通信販売の他、園内では、ブラックベリージャムとブルーベリーの苗木の販売、生果のばら売りも行っております。ブルーベリー生果のばら売りに関しては、近くの道の駅小松オアシスにも置かせてもらっています。

 

現在ブルーベリーはラビットアイ系25品種、ハイブリット2品種、ブラックベリーは3品種を露地栽培しています。土耕栽培のメリットを活かし、「無農薬・有機肥料(化学肥料不使用)」、「灌水を極力減らす」など、濃厚で甘い果実ができるよう拘りを持って栽培しています。また、飽きが来ないよう風味の違った品種を数多く栽培していますので、当園にお越しの際には、食べ比べてみてお好みの品種を探してみてはいかがでしょうか。

品種の特徴など興味がありましたら、『栽培品種』からご参照ください。

since Decemver,2012

【就農1年目】

15aの耕作放棄地を約一年かけて開墾しました。写真では分かりづらいですが、キウイフルーツ畑です。その周りをつる系の植物が包囲しているのです。ユンボを使用してのキウイとクズの根っこの除去。50kgを超える根がゴロゴロ出てきました。そして、キウイ棚を解体。単管パイプやワイヤー等は錆びていましたが、まだまだ丈夫そうだったので再利用。おかげで費用をかなり抑える事ができました。

 

【就農2年目

植え付け4年目までは、全摘花をして樹の育成に専念。
植え付け4年目までは、全摘花をして樹の育成に専念。

まだ困難は続きます。土がカチカチの粘土質。半年をかけてピートモスや籾殻等を混ぜ込み、改良しました。通気性、保水性、phが良好になっところで、やっと植え付け。経過を見守りつつ、第農園の土壌改良に移ります。輪をかけて酷い粘質の土壌です。どうやらこの辺り一体こういう土なんですね。とは言うものの、ブラックベリーはそこまで繊細ではいので、土壌改良もそこそこに植え付け。斯くして、現在に至ります。

 

TOPへ戻る
通販
ブルーベリー狩りの説明
ブルーベリー狩り/ブラックベリー狩り
栽培品種
概要 プロフィール
お問い合わせ